診療のご案内|みやさきクリニック(尼崎市塚口)内科 消化器内科 眼科 内視鏡検査

TOP

  • 内科
  • 消化器科
  • 眼科
06-6422-5670

〒661-0002 兵庫県尼崎市塚口町2-8-2

診療のご案内

眼科診療について

当院では白内障、緑内障、糖尿病網膜症の他に、眼鏡処方、コンタクトレンズ販売を行っております。また小児眼科にも力をいれております。

[当院眼科診療の特徴]

当院は1階が内科です。眼科単独のクリニックに比べ、内科と緊密に連携しながらフォローさせていただくことができます。定期的な眼底検査が必要な方(糖尿病や動脈硬化性疾患)だけでなく、定期的に内科と眼科を受診されている方には便利です。

[コンタクトレンズ販売について]

当院では使い捨てソフトコンタクトレンズを中心にハードコンタクトレンズも取り扱っております。

1.ソフトコンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズは水分を含むと柔らかくなる素材のプラスチックを使用しています。
使い捨てとそうでないもの(コンベンショナルタイプ)があります。
使い捨ては1日で交換するもの、2週間で交換するものの2種類あります。
2週間で交換するレンズは洗浄などの手入れが必要です。
どちらもつけ心地がよくスポーツをされる方、初めて使う方に向いたレンズです。
しかし、装用感が良いため目の異常に気づきにくい欠点があります。
コンベンショナルタイプのソフトコンタクトレンズは2週間で交換するレンズと同様に手入れが必要です。
レンズの寿命は1年半程度です。価格は15,000円程度になります。
使い捨てレンズよりコストが抑えられます。しかし汚れを吸着しやすいのでアレルギー性結膜炎のある方には不向きです。

2.ハードコンタクトレンズ

ソフトレンズに比べ固い素材のプラスチックを使用しています。
涙液の交換を妨げず酸素透過率も高いので目に対する負担は少ないのが特徴です。
ソフトコンタクトレンズに比べると異物感あり、慣れるまでに時間がかかります。
しかし、目に異常が生じた場合に症状が出やすいため、早期に発見できます。
またソフトコンタクトレンズでは矯正できない乱視の矯正も可能です。
レンズの寿命は2年から3年です。日々の手入れが必要です。価格は一枚15,000円程度です。

3.コンタクトレンズ使用にあたって

レンズの種類を問わず、定期的な視力の確認や目の状態のチェックはは必要ですので3ヶ月に一度は眼科の受診をお願いします。
また少しでも異常を感じられた場合はすぐに眼科の受診をお勧めします。
コンタクトレンズが原因で起こる眼の病気で失明に至るものもあります。
コンタクトレンズを使用することは目に異物を入れることと同じです。正しい使い方を心掛けて安全に使用しましょう。

4.初めてコンタクトレンズを購入される方

コンタクトレンズ装用していただくにあたり必要な検査(視力、角膜内皮検査)診察に加え
コンタクトレンズの取り扱い説明、装用練習が必要となります。
会計終了まで約1時間程度かかりますのでご了承ください。

 コンタクトレンズ価格表はこちら

[小児眼科について]

小児の視力は生後3ヶ月で0.01、8ヶ月で0.1と発達し3歳になるころには0.7になります。最終的には7歳頃まで発達し1.0以上になります。
視力の発達において近視、遠視、乱視などの屈折、眼の位置や動きが関係する両眼視機能が深く関わっています。
また裸眼視力が悪くても、眼の位置に問題がなく眼鏡を使用すれば良好な視力が得られれば発達に異常はないと考えられます。

しかし眼鏡を使用しても良好な視力が得られない場合、弱視となり、その原因を探し、治療が必要になります。

当院では早期に弱視の原因を早期に発見できるように、毎週火曜日の午後診に視能訓練士が勤務しております。
それ以外の日は小児の視力検査に慣れたスタッフが勤務し、検査を行います。

視力検査は個人差がありますが2歳6ヶ月頃から行っております。

待合室は明るく、授乳やおむつ替えができるスペースや絵本も準備しております。
見えているか心配、写真を撮ると眼の位置が気になる、頭が傾いている等、お気づきのことがありましたらご相談ください。


page top

みやさきクリニック

〒661-0002 兵庫県尼崎市塚口町2-8-2
TEL/06-6422-5670 
FAX/06-6422-5671

月・火・水・金 9:00~12:30 / 17:00~19:15
13:30~16:00 内視鏡検査、眼科往診、
訪問診療など毎日行っております。
木・土 9:00~12:30
休診日 日曜・祝日

Copyright © miyasaki clinic . All Rights Reserved.